NITTO  1/20 カウツ   WAVE 1/20 スネークアイ
KAUZ VS SANKE-EYE
 

 

 

性能諸元  
開  発
イスラエル(元はアメリカ製)
年  代
1950年〜1980年頃
全  長
6.198m
重  量
39.0t
乗  員
4~5名
最大出力
460hp/2,600rpm
最大速度
45km/h
航続距離
270km
武  装
44口径105mmライフル砲D1504
12.7mm重機関銃M2
7.62mm機関銃M1919A4
装  甲
12.7~107.95mm
     
 宿命の戦いがいま!!

【カウツ】
宇宙用S.A.F.S.への対抗手段として開発された宇宙用P.K.A.「フリーゲ」は依然として有視界戦闘用のクリアキャノピーを残していたが、
大型の間接視認システムを備えた指揮官用機が当機カウツである。

【スネークアイ】
ファイアボールの後継として開発された新型宇宙用S.A.F.S.。
背面装甲の強化や間接視認システムの改良などほぼ全身にわたり改良が施されているが、
各機器の歩留まりの悪さや敵の妨害により生産・配備は難航し、一部機器(主に間接視認システム)に旧型を流用した簡易タイプも存在する。

一度はやってみたかった超接近、格闘戦のジオラマ。
「静寂なる月面に、うなるジェネレーター、軋む関節、そして必殺のエクサイマーレーザーが、今!!」
マシーネンがアニメだったらこういうシーンあるかも!?

さて、模型的ウンチクとしは、カウツの全身の関節をしんちゅう線に置き換え、2機分の重量に耐えれる強度を実現。
さらにカウツの右手とスネークアイの右手の中は1本のしんちゅう線で繋がっていて、安心の固定感。
宇宙戦機なのでベースは月面をイメージ。ミラコンにグレーのアクリル塗料を混ぜてベースに塗布。

ストーリー性のあるジオラマって楽しいね☆

【HPに戻る

 

inserted by FC2 system